2006年03月16日(木)

[WBC] 3年後,2つの忘れ物を取りに来る。

WBC二次リーグ第3戦・韓国戦.
日本は1-2と敗れた.
二次リーグ1勝2敗.日本の準決勝進出は絶望的となった.

明日のアメリカ対メキシコ戦でアメリカが2失点以上して敗れれば準決勝進出できるのだが,可能性は薄い.
それ以前に1勝2敗のチームが進出すべきではないだろう.

日本はこの試合前半,再三,得点圏に走者をすすめるも点が奪えなかった.
2回には二死二塁で里崎のライト前ヒットで二塁走者・岩村が本塁をつくも封殺された.
そして,8回リー・ジョンボムに2点打され敗れた.
韓国戦の2敗は1戦目はイ・スンヨプ(ロッテ→巨人),2戦目はリー・ジョンボム(元中日)と皮肉にも,ともに日本球界にゆかりのある選手にやられた.

<<< 続きを読む! >>>
投稿者 sanadas : 22:30 | コメント | トラックバック

2006年03月15日(水)

[WBC] 日本,メキシコに完璧な勝利!

WBC二次リーグ第2戦対メキシコ.
負けたら準決勝進出の望みが絶たれる崖っぷちの一戦.
日本は松坂→和田→薮田→大塚によるリレー.
薮田がソロホームランを浴びたが,6対1と最小失点勝利を収めた.

次の韓国戦に勝つと,日本・韓国とも2勝1敗.
アメリカ対メキシコは負けられないアメリカが勝つことが予想され,そうするとアメリカも2勝1敗.
3チームが勝敗で並ぶ.

<<< 続きを読む! >>>
投稿者 sanadas : 12:49 | コメント | トラックバック

2006年03月13日(月)

[WBC] 日本,審判の前に敗れる~対アメリカ戦~

こちらで書いた英語記事の日本語版です.)

いつも日本語で書いているこのブログだが今日は英語で書いてみた.

今朝(日本時間)の日本対アメリカはとてもいい試合だった.
しかしたったひとりの審判がこの好ゲームを台無しにしてしまった.

<<< 続きを読む! >>>
投稿者 sanadas : 23:59 | コメント | トラックバック

[WBC] Japan lost an Umpire, not USA

Today I'm writing an article in English although this blog is always written in Japanese.

Japan vs USA was very good game this morning(JST).
But one umpire spoiled this game.

<<< 続きを読む! >>>
投稿者 sanadas : 12:33 | コメント | トラックバック

2006年03月05日(日)

やっぱおもろいWBC

3月3日から始まった第1回ワールドベースボールクラシック.
いろいろまだ問題はあるだろうけど,いやあやはりおもしろい.

楽勝と思われつつも一時2対2の同点に追いつかれるなど冷や汗をかいた中国戦.(結局18対2の大勝だったが)
意外と余裕に勝っちゃった台湾戦(14-3).

そして,今日,韓国戦.
どちらも第2ラウンド進出が決まってるだけに注目はどちらがアジアナンバー1として次のラウンドに進むかということにかかった.
序盤2回までに日本は2点を先制.
4回の攻撃も二死満塁となり,西岡の打球はライト線に痛烈なあたり.
3点を追加5-0!
のはずだった。。。

<<< 続きを読む! >>>
投稿者 sanadas : 21:43 | コメント | トラックバック

2005年10月26日(水)

日本シリーズ,今年も2位が日本一(?)

昨年に引き続きまた今年もパ・リーグ「2位」のロッテが日本一(?)に.
「あなたたちはイチバンのチームでーす」と叫んだボビー・バレンタインだが元々は「ニバン」ですからね。。。

この2シーズンではっきりした.
今の制度ではパ・リーグの2位か3位が一番有利であるということを.
プレイオフ第1ステージで勝って勢いに乗ったチームが,試合から離れたパ1位を飲み込み,さらに試合から遠ざかっているセ1位をも飲み込む...

早急にこの制度は変えないと,シーズンの130試合以上もの試合がなんのための試合かわからなくなる.

とにかく,ポストシーズンのロッテは強かった.
すばらしい野球をしていた.
特に西岡,今江といった若手が面白い所を見せた.
ポストシーズンにおいては間違いなく「イチバン」でした.

しかし,実のところ,パ・リーグはホークスの3連覇というのが真実.

投稿者 sanadas : 21:55 | コメント | トラックバック

2005年10月05日(水)

読売球団の人事異動公示

(新)監督 (旧)顧問 原辰徳

中国新聞より

巨人の渡辺恒雄球団会長は5日、原辰徳氏の監督復帰について、2年前の監督交代と同様に今回も「おれから見たら人事異動。しこりなんてあるわけないよ」と話した。

 前回はフロントとの確執から原氏が辞任したが、原氏には「2年か3年、外を見て勉強してこい。もう一回監督に戻すと言っていた」そうで「その約束を履行しただけだ」。また、原氏が球団顧問として在籍していたことに触れて「引き続き雇用関係もあり、(監督就任で)給料が少し増える」とも話した。

 また、成績不振を理由に辞任した堀内監督については「今後も仕事をやってもらう。別に解任ではない」と説明した。

人事異動。。。
相変わらず夢のないことを言う老いぼれだ.

この老いぼれ殿の存在も今のプロ野球人気低迷の一端を担っている.

投稿者 sanadas : 23:53 | コメント | トラックバック

2005年08月02日(火)

セ・リーグもプレーオフ検討

asahi.com:セ・リーグもプレーオフ検討 収入増と消化試合減少狙い

プロ野球のセ・リーグが、プレーオフ制度の導入を検討することを決めた。1日、6球団の代表らが集まるリーグ理事会が東京都内であり、早ければ、来季からの導入を目指すことになった。パ・リーグは昨年から上位3チームによるプレーオフを実施している。セでは、実現すれば初。

プレーオフ自体は賛成.
ただ現在のパのプレーオフみたいに理不尽すぎるプレーオフなら反対.
今年のパのケースだと現在3位のオリックスやら西武みたいにシーズンで負け越してるチームにも日本一のチャンスがあることになるからね...

ここで私案.

<<< 続きを読む! >>>
投稿者 sanadas : 00:56 | コメント | トラックバック

2005年05月25日(水)

なるほど「ロッテ応援団は26人目の選手」

ロッテは応援団に対して,26人目の選手ということで「26」を欠番にしている.
ロッテ応援団の評判は聞いていたが,今日,巨人戦の中継を見ていてその理由がわかった.

足の速い西岡あたりが塁に出ると「リー、リー」と言って相手投手にプレッシャーをかける,
けん制が多かったり,サインが決まらずリズムの悪い投手に対してブーイングを浴びせる,など実に野球を知っている.
東京ドームであるにも関わらず,雰囲気はさながらロッテのホームゲームだった.
ロッテが今年,今の位置にいるのもこの応援団の力も無視できないだろう.

うるさいだけの日本式の応援はあまり好きではないのだが,ロッテの応援は応援として認められる高いレベルのものだと感じた.

話は変わるが,ドラゴンズは今日も楽天に負けまさかの連敗.
これで交流戦に入り,6カード連続負け越し,すなわちパ・リーグ6球団に負け越した.
これでは日本シリーズが心配!?

投稿者 sanadas : 21:47 | コメント | トラックバック

2005年04月02日(土)

祝・プロ野球・開幕!

プロ野球改革元年、開幕しました.

今日印象に残ったプレー.
その1・磯部、楽天本拠地薯B落としを祝う先頭打者ホームラン!
磯部・先頭打者ホームラン!
昨年、汗を流し涙を流した人だけに、劇的なホームランでした.

その2・9回裏無死満塁13球粘ったアレックスサヨナラ満塁弾!
アレックス・サヨナラ満塁弾!
川上も完封して幸先よいスタート!
今年のドラゴンズも楽しみです!

番外・鈴木尚9回裏痛恨の後逸。。。
記録は三塁打でしたが。。。結果、前記アレックスのサヨナラグランドスラムにつながりました.
鈴木尚・痛恨後逸(1)
鈴木尚・痛恨後逸(2)
鈴木尚・痛恨後逸(3)

相変わらず,守備がヘタぴーです.

投稿者 sanadas : 02:19 | コメント | トラックバック