2005年06月14日(火)

NTT116から無言電話

[社会]

NTTが無言電話...笑えないホントの話.
共同通信

京都府八幡市の男性(39)宅に5月、無言電話が深夜などに相次ぎ、うち18回は電話の申し込みや問い合わせなどを受け付けるNTT西日本の「116」からかかっていたことが14日、分かった。同社は社員がかけていたことを認め、男性に謝罪した。
 男性によると、無言電話は、自宅電話番号の電話帳記載をめぐり、116に苦情を申し立てた5月2日から約2週間に計50回以上、朝や夜にかかってきた。男性が途中から着信記録を調べると、発信元として公衆電話や「非通知」のほかに116の表示があったという。
 NTT西日本みやこ支店(京都市)が調査したところ、同市東山区の116センターから5月10日午前10時からの10数分間に16回、同13日の午前10時半と午後1時半の計2回、男性宅への発信を確認した。男性に謝罪した際、同社は「女性社員が『2、3回間違って電話したことがある』と話しており、調べている」と説明したという。
(共同通信)

NTT社員が無言電話をするというモラルが一番の問題だが,発信番号で足がつくというNTT社員らしからぬお粗末な結末.
プロとは思えぬ.なんともお恥ずかしい話だ.

投稿者 sanadas : 2005年6月14日 22:30
コメント

NTT116の山田の対応何だ!
上からの物の言い方は頭にくる
NTTがそんなに偉いのか!

そんな奴は辞めさせろ

Posted by: 匿名 : 2006年5月15日 18:14
トラックバック
トラックバックURL