2005年07月01日(金)

高3、同級生刺す~HPで予告された殺人(未遂)

[社会]

asahi.comより

30日午前10時20分ごろ、高知県土佐市宇佐町竜の私立明徳義塾高校(吉田圭一校長、722人)竜国際キャンパスの校舎内で、3年の男子生徒(17)が持っていたナイフ(刃渡り約8センチ)で同級生の男子生徒(17)の胸部を刺した。県警土佐署は、刺した生徒を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。

この事件で少年がホームページで日記を書いていたことが報じられている.
オリジナルのHPはすでに閉鎖されていたが,ミラーサイトが見つかった.
事件前日の6月29日の日記、

2005/6/29 (Wed) no titled.

Think and doubt all.
If you want to know it.

私はなんて臆病なんだ。
そんな私がじれったくて、
憎くて憎くてたまらない。
人一人殺すことも出来ないなんて情けない。
明日こそは殺そう。
また「明日こそ」にならないように、
ちゃんと殺そう。
殺したら私は多くの迷惑をかけるだろう。
やはり家族に迷惑をかけるのは気が咎めるが、
そういうことを考えるのは止めよう。
それを考えていては実行できない。
あれを殺すんだ。
殺すのは特別じゃない。
殺すことだけを考えろ。
殺すのに理由はいらない。
虫を殺すように、
当たり前のこととして殺せ。
私とあれは同じ人でも、
私とあれは全く異なった人間だ。
いや、人間を辞めてしまえ。
私は人間以外の存在となれ。
思考を停止しろ。
自己を消せ。
別人になれ。
人は壊れやすいが死に難い。
出来る限り壊せ。
命を壊せ。
明日殺れ。

もう会えないかもしれませんね(^^

殺人を予告する内容.明らかに精神が壊れている状態だ.

ただ,一方で1ヶ月弱前の6月1日の日記には

評定平均を取るのには80点以上必要なのに、
英語(R)も日本史も凄く微妙。

などと中間テストの結果を気にする内容が書かれている.
この時点は普通の高校生だ.
1ヶ月後,評定平均など関係ない世界に置かれる自分の姿を想像しえたか.

また,ホームページには「高知県高等学校 写真展 最優秀賞」を受賞した腕前の写真が載っている.なかなかセンスのある写真を撮っている.
一方で,人が切り刻まれ血を噴出している絵も描いている.
「綺麗なモノや芸術が好き」だったようだ.

文面を見る限り,頭も悪くなさそうだ.逆にいい方かもしれない.
哲学書を愛読していたという.
内側で考え込み考え込み負のスパイラルに陥ってしまったのかもしれない.

時間がある時に彼の日記は一から読んでみたいと思う.
人間の闇はどのように増長されていくのかを.

(2005/07/05追記)
某全国新聞地方欄らしきコーナーにこの少年Aとおぼしき少年が「出会い」というテーマでメッセージを寄せている.

最近はインターネットを介しての出会いが増えている。それと同時にその危険性も懸念されているが、気を付けてさえいれば、よい話し相手や友達と出会うにはとても便利な物だ。特に私のように趣味が写真や芸術などのあまり人気のあることでない者は、普通に暮らしていてよい相手に出会うことは少ない。けれどインターネットを使えば、よい話し相手も見つけることができ、有意義な出会いがある。

彼はインターネット上では「よい話し相手」を見つけることができたが,身の回りには「よい話相手」を持てなかったようだ.
インターネットの「危険性」が少年を狂気に走らせたという気もする.

投稿者 sanadas : 2005年7月 1日 01:04
コメント
トラックバック
バトルロワイヤル!?
概要 甲子園や、横綱朝青龍、サッカー日本代表の三都主、ゴルフの横峰さくらを輩出したスポーツ名門校、明徳義塾。そんな、有名校に新た足跡が刻まれる。その名はバトルロワイヤル!!
ウェブログ: 神のいどころ
時刻: 2005年7月 1日 23:18
トラックバックURL