2013年01月19日(土)

35キロの壁などない!?

誰でも4時間を切れる!効率的マラソンメソッド (Ikeda sports library)
川越 学
池田書店
売り上げランキング: 10,059

この本を読んだ。

フルマラソンでは、35キロ(もしくは25キロとか)あたりで失速してしまう「35キロ(もしくは25キロ)の壁」というものがよく言われる。
しかし、この本では、しっかり自分にあったペースを守っていれば、そんなものは存在しないということを言っている。
自分の能力以上のハイペースで走ってしまうと乳酸が発生し、後半で足が動かなくなるというようなことらしい。

この本のサブ4を目指すメニューを参考に今日は30キロを6:00/kmのペースで走ってみた。
これまで、6分を切るペースで30キロを走りきったことがなかったので不安だったが、走り切ることができた。
どうやら、これまでは前半ハイペース過ぎて後半失速してしまうということが多かったのだ。

このキッチリ、ペースメークしてくれたのは先日買ったGarmin 410の効果が大きかった。
バーチャルパートナー機能が、しっかりペースメーカーとなってくれて、終始5:50~6:00/kmペースで走ることができた。
安くはなかったが心強い相棒が出来た。

投稿者 sanadas : 2013年1月19日 23:00
コメント
トラックバック
ランニングを5年間継続出来た5つの理由
概要 ランニングを本格的に始めたのは,5年前の東京マラソンの頃. それから積み重ねた走...
ウェブログ: 本日のコラム。 - sanadas.net -
時刻: 2015年2月26日 00:38
トラックバックURL