2012年09月03日(月)

iPhone 4S発熱問題発生→修復(?)

先週の土曜くらいから、iPhone 4Sがとても暖かい。そして、バッテリーの消費がすさまじく早い。
満充電から4,5時間で20%まで落ち込んでしまう始末。

ホームボタンダブルクリックでのプロセス殺しはもとより、電源再起動、バックアップからの復元までも試すも状況改善せず。

Sysstat Liteで確認すると、CPU usageが終始、十数パーセントの状態。
うちの奥さんのiPhone4Sで試すと、定常ではせいぜい2%前後ってところ。
どうにもおかしい。

数時間試行錯誤をして、ようやく改善した。
MMSがバッテリー消費の悪さをするって書いてあるところをみつけて、「メッセージ」の設定を一度、まっさらにオフしてみて、再びオンにしてみたところ、
CPU usageは5%以内ってところに落ち着いた。

iPhone4Sのホッカイロ状態もなくなり、バッテリー消費もまあ元にまともな状態には戻ったっぽい。

iPhoneはclosedな仕様でそれがまあいい面もあるんだけど、ひとたびこういう状況に陥るとなかなか原因追求が難しい。
たまたま今回は「メッセージ」の設定でよくなったっ「ぽい」けど、いろいろなケースがあるっ「ぽい」。


【今回参考になった記事】
iPhone + iOS 5 バッテリー問題改善に至る軌跡~ 本当の問題点とは?たったひとつの劇的改善例とは? | 覚醒する @CDiP
iPhone 4S(SoftBank)のバッテリの異常な減りが直った話 | ひとりぶろぐ

[2012/9/5 追記]
本日、再発症。
同様のことをしても改善せず。

今度は前回まったくさわらなかったiCloudの機能をオフしてオンしてって感じでごにょごにょしたら定常状態に戻った。
もうわけわからんわ。

投稿者 sanadas : 2012年9月 3日 23:33
コメント
トラックバック
トラックバックURL