2006年08月17日(木)

智弁和歌山-帝京,壮絶な打ち合い

甲子園は準々決勝が一番面白いと言われるが,まさしく今日の2試合はそうした2試合だった.
第一試合では3連覇を目指す駒大苫小牧が4点差を逆転し,東洋大姫路を5対4で破った.

そして,第2試合は終盤もつれにもつれる試合に.
4対8の4点ビハインドで9回表の攻撃を迎えた帝京.
脅威の粘りを見せ,二死から5連打で逆転!
6連打目はこの回先頭打者で代打出場の沼田選手のスリーラン!
一挙8得点で12対8!
試合は完全に決せられたと思ったのだが。。。

8回までに帝京は3人の投手を起用していた.
そして,3人目の大田投手には9回すでに代打が送られていて。。。
甲子園レベルの投手は残っていなかった.
帝京は総力戦で9回裏,3人の投手を継ぎ込むもアウトを稼ぐことが出来ない.
というより,ストライクすら満足に取ることも出来ない.
結局,帝京は最終回,スリーランを含む被安打2,6つの四死球を与え,最後は,サヨナラ押し出しという結果となった.

なんだか,9回表の逆転劇が見事だっただけに,痛々しい敗戦.
9回に登板した3投手はまさか自分が登板するなんて思わず心の準備が出来てなかったかなあ

ピッチャーの数が少なかった初期のファミスタ思い出しました.

◆13:48試合開始 ◆甲子園球場 ◆観衆=28000人 ◆試合終了
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9   計  
帝京 0 0 0 2 0 0 0 2 8 12
智弁和歌山 0 3 0 3 0 0 2 0 5x 13
【帝京】高島、垣ケ原、大田、勝見、杉谷、岡野
【智弁和歌山】広井、竹中、松本
【本塁打】
(帝京) 塩沢 2号、沼田 1号
(智弁和歌山) 上羽 1号、広井 4号、橋本 1号、馬場 1号、馬場 2号
投稿者 sanadas : 2006年8月17日 17:38
コメント

この試合,なんと史上初の1球勝利投手と1球敗戦投手が同時に生まれた試合だった!
http://www2.asahi.com/koshien/column/data/TKY200706060175.html

Posted by: sanadas : 2007年6月15日 20:41
トラックバック
トラックバックURL