2005年08月19日(金)

大阪桐蔭、準決勝に散る!

. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
駒大苫小牧 0 5 0 0 0 0 0 0 0 1 6
大阪桐蔭 0 0 0 0 0 0 3 2 0 0 5

惜しいチームが準決勝で散った.
MAX155キロの辻内は前評判に違わぬピッチングを見せた.
中でも2回戦,対藤代(茨城)では19奪三振の大会タイ記録をマーク.
なにより豪快なストレートは魅せる投球だった.

4番・平田は21年ぶりに清原に並ぶ1試合3本のホームラン(準々決勝東北戦)を含む4本のホームランを放った.
記録もさながらそのホームランの軌道は清原のそれを思い出させた.

おそらくこの二人は今年のドラフトの目玉となるだろう.
まだまだ荒削りなだけに,この二人の今後は大いに注目である.
1回戦で衝撃的デビューを果たした中田はまだ1年生.
来年以降も見てみたい.

うーん,それにしても決勝で戦うこのチームを見たかったな~

もう一試合の準決勝,京都外大西 対 宇部商は逆転につぐ逆転の好ゲームだったようだ.
最後は宇部商の挟殺プレーのミスと悪送球という凡ミスで勝負が決したが。。。

なんだか今年は好試合が多い気がするなー

大阪桐蔭という目玉チームが去ってしまったが明日の決勝戦も好ゲームを期待.

投稿者 sanadas : 2005年8月19日 22:34
コメント
トラックバック
トラックバックURL