2008年10月01日(水)

清原引退試合

清原の引退試合.

寂しい.

対戦相手がホークスで今季限りで勇退する王監督が花束を渡したわけだが,これもなにかの因縁か.

8球団に1位指名されながら,あれほど入りたかった巨人は同僚・桑田を指名した.
その時の監督が王監督だったわけで.
10年後,FAでやっと入った巨人に王さんはおらず.
二人の偉大なホームランバッターは微妙な運命のすれ違いで同じチームでプレーすることはなかった.

花束を渡される際,
「生まれ変わったら同じチームでホームラン競争しよう」
と言われたとか.

まだ小学校にあがるかあがらないかの80年代前半,甲子園は熱かった.
5季連続出場で一躍アイドル化した早実・荒木大輔.
その荒木大輔を最後82年夏、粉砕したのがやまびこ打線・池田高校だった.
そして,水野など主力が残り,連覇が確実視されていた池田を83年夏,破ったのがまだ1年だったPLのKK、清原と桑田だった.
83クA沓牽鞠・論狂供・・弔里燭瓩旅短勹爐世辰燭箸い辰討皺畍世任呂覆ぁボn
そんな二人の伝説はプロに入ってもつづいた.

20年以上に渡ってつづいたふたりの伝説は,今春,片輪がはずれ,今日,完全に終止符が打たれた.

投稿者 sanadas : 2008年10月 1日 23:18
コメント
トラックバック
トラックバックURL