2015年12月15日(火)

あれから30年も。

[日記]
12月15日.強く頭に残っている出来事がある. 小学校の時,同じクラスの子が電車で轢かれて亡くなった. 警報機のない小さな踏み切りでの飛び出し事故だった. NHKの地方ニュースで一報に触れ大変衝撃を受けたのをよく覚えている. 今日ふと考えてみると,その日からちょうど20年. すでに彼の3倍を生きた. 普通なら彼はその人生の何倍も生きられたはずなのに.
2005/12/15付 あれから20年も。

このブログを書いてからはや10年。

彼の生きた期間とちょうど同じ年数が経った。

その間、息子も生まれた。
当時のご両親の悲痛を思うと胸が張り裂けそうだ。


今後ずっと,12月15日という日付を見ると思い出すんだろうな。

合掌。

投稿者 sanadas : 2015年12月15日 21:00
Related Books
コメント
トラックバック
トラックバックURL